タックスヘイブン税制の改正により確認すべきこと~その③ 要検討!事実上のキャッシュボックス・ブラックリスト国所在法人とは【タックスヘイブン税制判定要件と留意事項】

 タックスヘイブン税制でペーパー・カンパニーと同様に租税負担割合が、20%以上30%以下の外国関係会社の 場合の判定として、「事実上のキャッシュボックス」の判定があります。会社単位の合算課税の対象とされる特定外国 関係会 …