海外出向者が帰国したときの確定申告はどうするの①

確定申告の時期になってきました。 今回は、海外出向していた人が日本へ帰国した場合のケースを紹介します。 給与所得者が1年以上の予定で海外の支店などに転勤すると、一般的には、日本国内に住所を有しない者と推定され、所得税法上 …

外国人が日本で仕事した時はどうする?

最近は、外国人が、短期的に日本に来て、仕事をするケースが比較的多いようです。皆様も183日ルールというのを聞いたことはないでしょうか。 国際部でも、外国人の日本での課税関係の質問を受けることが増えてきました。 今回は、こ …

海外勤務になった場合と納税管理人の選任

日本国内の会社に勤めている給与所得者が、1年以上の予定で海外法人に出向などに転勤すると、一般的には日本国内に住所を有しない者と推定され、所得税法上の非居住者となります。 この場合には、転勤時に年末調整が行われ日本での課税 …

非居住者に不動産の賃借料に対する源泉徴収はどうするの

非居住者や外国法人(以下「非居住者等」といいます。)から日本国内にある不動産を借り受け、日本国内で賃借料を支払う者は、法人はもちろん個人(事業者かどうかは問いません。)であっても、その支払の際20.42%の税率により計算 …

要注意!海外財産と相続手続

近年、海外不動産への投資が人気で、海外に不動産などの資産を所有している方も多いと思います。 海外財産を所有している人が亡くなり、日本に居住している方が相続することになった場合は、日本で相続手続を行って相続税を納税しなけれ …

日本法人で外国人が働く場合の社会保険手続き

最近、グローバル企業では日本での外国人雇用が増えてきております。 また、同時に海外子会社で採用をした外国人社員を、研修などの目的で比較的短期間(1年未満)、日本親会社で勤務させる場合も散見されます。 今回はこのような状況 …

外国人従業員の年末調整

グローバル経済の進んだ近年では、日本で働く外国人労働者も増加しており、企業は日本人と外国人で適用される税制の違いに注意する必要があります。 今回は、外国人労働者への給与の支払い時および年末調整の際に、注意すべき事項につい …

非居住者に対する源泉徴収が漏れやすいケースとは?

非居住者は、日本国内源泉所得に対して課税され、源泉徴収により納税が完結します。 源泉徴収義務者は、支払者で調査の際には必ずチェックされるポイントであると同時に、 源泉徴収税率は20.42%と高率で指摘を受けると、不納付加 …