海外(オフショア)生命保険の相続税での取り扱い

海外(オフショア)の生命保険が、日本の生命保険に比べて運用面や保障面でケタ違いに有利であり、加入にあたって日本の保険業法への対応の検討が必要となります。詳細は以下をご参照ください。 https://attax-kokus …

申告前に確認!! 外国税額控除の対象税額は正しいですか?

日本の法人税法では、企業が全世界で得た所得に対し課税を行います。その場合、日本の課税所得を構成する所得に対して、外国で法人税(または源泉所得税)が課税される事があります。このような一つの所得に対して、二重に課税されている …

気をつけて!海外の会社と取引に係る税金負担

世界的に流行したコロナ感染症も少しずつ落ち着きを取り戻し、日本では緊急事態宣言も解除されました。今後は、ワクチンパスポートなどを利用し、徐々に経済が活性化していくことと予測されております。 海外法人との取引についても活発 …

PEなければ課税なし
~原則的な国際課税のルール~

PEとは PEとは、恒久的施設(Permanent Establishment)のことをいい、「事業を行う一定の場所等」のことを意味します。国際課税においてPEは、企業が海外で事業を行う際に、その活動から生じる所得が、そ …

シンガポールコラム ~Q&A~

今回は、シンガポールで勤務していて、よく質問を受ける相談事項についてお話します。 シンガポール進出(法人)  Q. 法人税が低いシンガポールに法人を設立し、事業を移管した場合、節税することはできますか?  A. 日本の税 …

グループ通算制度と外国税額控除の関係は
通知義務って何?

令和4年4月1日以後開始事業年度から、いよいよ「グループ通算制度」が適用されます。 グループ通算制度の適用にあたり様々なケースが想定されますが、その中でも国際税務関連として「外国税額の控除に係る通知義務」についての税務上 …

使用料の取り扱いは?
~使用地主義と債務者主義にご注意

  国内法における課税関係と租税条約における課税関係を検討する際に、使用地主義・債務者主義という考え方の整理が必要になります。   例えば、工業所有権等の使用料の源泉地を判断する場合です。 1.国内法の取り扱い …

1 2 3 10