アタックス税理士法人 国際部紹介

Our Business Style

国際部紹介

私たちが大事にしている業務スタイルは、一言で言えば、
”伴走する国際税務のパートナー”です。

特長1 クライアント固有の国際税務ニーズに柔軟に伴走

国際税務処理のニーズに伴走

一口に国際税務といっても、クライアントによって対応すべき事柄は様々です。クライアントの海外事業の進出地域、事業規模、事業内容がそれぞれ異なります。また、クライアント側の対応も千差万別です。さらに、依頼形態に対するニーズもまちまちです。クライアント側があまり工数を掛けずに処理するアウトソーシング中心でいきたいのか? それとも、クライアント側である程度自律的に処理できるようにしたいのか、アタックス税理士法人 国際部は様々なクライアント固有の税務ニーズに伴走します。

特長2 クライアントのコミュニケーションニーズに伴走

コミュニケーションニーズに伴走

国際税務で使用される用語は、普段耳慣れない専門用語が多いです。また、国際税務に関しては、それぞれの国のローカルルールや会計の国際基準などの理解が不可欠です。もし依頼する専門家が、クライアント側のリテラシーレベルを理解せず、自分のリテラシーで一方的に意思疎通するタイプだとしたら、クライアント側は、依頼者が何をしているのか、どういうこことを求めているのか? よく分からないままに進んでいくことになります。

アタックス税理士法人 国際部は、この業務が上記のような障害に陥りやすい点をよく自覚し、親切で分かりやすい、コミュニケーションを心がけます。一方的でなく、対話のコミュニケーションを大事にします。また、うまく通じていないときには、時間を惜しまず、クライアントが理解・納得して頂けるまでお付き合い致します。

特長3 クライアントの未来課題に伴走

未来の課題に伴走

国際税務業務は、今当面処理しなければならない業務と、今は必要なくでも未来に確実に対応しなければならない業務があります。この未来課題は、現実化してから対応するよりも、あらかじめ先取りして方が、慌てずに対応しやすくなります。私たちは様々なクライアントの国際税務支援経験から未来課題を先取りすることが可能です。

そのような場合、発生してから対応するだけでなく、先読みして、クライアントに提案することを心がけています。