BEPS2.0 Piller2 今、対応するのはこれだけ

開催日 2022/11/29(火)
開催地 オンラインでの開催となります
対象 海外担当者、税務経理担当者
講師 永持 祐司、角谷 伸司
内容 2022年3月14日、経済協力開発機構(OECD)は、OECD/G20税源浸食・利益移転(BEPS)包摂的枠組みが合意したPillar 2(第2の柱)のモデルルールに関するコメンタリー(Commentary)と、モデルルールの適用を示す計算例を公表しました。モデルルールとコメンタリーの公表によりGloBEルールの全体像が明らかになり、日本企業も2023年の適用開始に向けて対応を加速しています。

本ウェビナーでは、最新の動向、主要各国の状況のアップデート、計算プロセスおよび必要情報の内容に加え、システム対応や社内体制整備など、多くの日本企業に共通する課題や留意点について解説します。