実務に影響 移転価格アップデート

開催日 2022/08/25(木)
開催地 オンラインでの開催となります
対象 海外担当者、税務経理担当者
講師 永持 祐司、角谷 伸司
内容 令和4年6月10日(金)、国税庁ホームページで「「移転価格事務運営要領」の一部改正について(事務運営指針)」が公表されました。これは、金融取引及び費用分担契約に係る取扱い等について所要の整備を講ずるものです。保証料をとる動きが本格化すると見込まれまれ、実務に大きな影響があります。

今回は、国税局が新たに発表した「移転価格税制の適用に当たっての参考事例集」をもとに移転価格の実務担当者が改正内容を「トークとQA方式」で分かり易く改正します。

海外担当者として需要な改正ですので、奮ってご参加ください。

経営者が知っておくべき 海外展開で発生する「税」のお困りごと

開催日 2022/08/29(月)
開催地 オンラインでの開催となります
対象 経営者・経営幹部
講師 永持 祐司
内容 人口減少や少子高齢化による国内市場縮小の影響を受けるなか、中小企業が生き残りをかけて成長するための手段として、海外展開は有効であり、近年、海外進出が加速しています。

しかし海外展開をすると、想定外の様々な問題も発生します。「お金、物、そして人」が国境をまたいで移動すれば、そこには経営課題だけでなく「税務の経営課題」の問題が、必ず発生します。

本セミナーでは、海外展開によって、どのような「おもわぬ税金」が発生するのか、実際にあった相談事例をもとに実務上の解決策までを厳選してわかりやすく解説します。

課税されてからでは遅い!タックスヘイブン対策税制の確認ポイント

開催日 2022/09/27(火)
開催地 オンラインでの開催となります
対象 経営者・経理担当者
講師 角谷 伸司
内容 数年前、タックスヘイブン対策税制の大幅な見直しが行われましたが、その後も毎年改正され、タックスヘイブン対策税制は大変複雑になっています。この税制は、海外子会社の所得を日本親会社の所得とみなして申告納税する制度です。
制度の理解も必要ですが、海外子会社の経営実態について把握し、適用要件を確認しておかなければ、突然親会社の所得として、課税されるリスクがあります。

本講座は、タックスヘイブン対策税制の適用判定について、事例をもとに、実務上の留意点を踏まえて分かり易く解説します。